第5回 田辺・弁慶映画祭 上映作品


「軽蔑」
上映時間:11/25(金) 19:00からの式典終了後の上映 (136分)
 

© 2011 『軽蔑』製作委員会
新宿歌舞伎町でその日暮らしをしているカズこと二宮一彦(高良健吾)は、兄貴分の伊藤(村上淳)から、600万の借金を帳消しにするかわりに、伊藤が属する組に断りなしで賭博を行っているポールダンスバー「ニュー・ワールド」への強襲を命じられる。カズは仲間と共にバーを襲うが、そこにはカズが恋焦がれていたダンサーの矢木真知子(鈴木杏)がいた。混乱の最中、控え室から真知子を連れ出したカズは、その勢いのまま駆け落ちを提案する。真知子もまた、店内でいつも真知子を見つめていたカズが気になっていた。二人が向かったのはカズの故郷。実家は豪邸だったが、両親とは疎遠で、「俺、こっちで、このひとと暮らすことにしたわ」というカズに、母・貴子(根岸季衣)も父・一幸(小林薫)も、いつも身勝手な息子にあきれるばかり。だが一幸は、半ば機械的に所有マンションの一室を二人のために用立てる。叔父の伸二(田口トモロヲ)の酒屋で地道に配達の仕事を始めたカズ。一方、真知子もカズの気のいい仲間たちに囲まれ、田舎町での生活にとけこもうとしていた。そんなある日、真知子との結婚を反対され、カズが一幸に刃物を向けるという事件が発生。真知子を蔑む両親に腹を立て、どうすることもできずに苛立ったのだ。カズの祖父の愛人で、今はカフェ「アルマン」を営むマダム・杉田千代子(緑魔子)から、そのことを知らされた真知子は、ひとり東京に戻り、再びダンサーとしての生活を始める。そんな中、傷心のカズが真知子を追ってクラブに現れた。「俺の嫁さんは真知子だけだよ」再び故郷に戻ったカズと真知子は、お互いだけを信じて結婚する。祝福され、今度こそ固く結ばれたはずの男と女の絆。ところが、真知子の不在時にカズがこしらえたカジノ賭博での借金は想像以上に膨らんでいた。やがて、カズを幼い頃から知る高利貸しの男、山畑万里(大森南朋)の魔の手が二人に近づいていく……。

原作は、新宮市出身の芥川賞作家・中上健次が最後に残した長編小説。ロケ地は新宮市、田辺市など。

※R-15+指定作品のため、15歳未満の方は入場できません。

キャスト 高良健吾、鈴木杏、大森南朋、忍成修吾、村上淳、根岸季衣、田口トモロヲ、緑魔子、小林薫ほか
監督 廣木隆一