第6回 田辺・弁慶映画祭 上映作品


タリウム少女の毒殺日記
2012年/日本/82分
上映時間:11月3日(土)19:00〜
 

(C)W-TV OFFICE
今回、東京国際映画祭(TIFF)提携企画として、第25回東京国際映画祭 日本映画・ある視点部門において 作品賞 を受賞された作品「タリウム少女の毒殺日記」を上映

作品解説
2005年にタリウムによる母親毒殺未遂事件を起こして世間を騒がせた「タリウム少女」。彼女をモチーフとした16歳の少女が主人公のメタフィクション。鋭くクールな視点で現実を問う、超問題作!

現代社会のあり様を常に斬新な視点で捉え続ける土屋豊監督が7年ぶりに放つ、ヤバくてクールなメタフィクション。「システム/人間/プログラム/生命」という誰も繋げなかった問題を2012年のタリウム少女が純粋な観察者として組み換え、飛び越えて行くスリリングな展開に脳内が沸騰すること間違いなし! 主演は、話題のグラビアアイドル倉持由香。脇を実力派の渡辺真起子、古舘寛治が固め、本物の身体改造アーティストや生物学者、美容整形外科医も登場。スマホ、YouTube、Google Earth、そして監視カメラに取り囲まれた世界をリミックスした果てに見えるものとは!? ちなみに「GFP BUNNY」とは遺伝子を組み換えられた緑色に光るウサギをいう。

監督/脚本/編集 土屋 豊
出演 倉持由香、渡辺真起子、古舘寛治、Takahashi
配給 アップリンク
特別協力 東京国際映画祭